CHERRY MXアダプターをリアフォに組み込む!

RealforceでCHERRY MXキーキャップを使用可能にするアダプターを入手しました。

AliExpressにて20ピース入りが約1000円だったので、取り敢えずお試しに購入。

品質に不安はありますが、実際に組み込んでいきましょー

分解

今回、実験台となるキーボードは弄り専用の91UDK-G

いつも通りフロントカバーを外していき、上部に有るコネクターとアースを慎重に取り外していきます。

そうすると、バックパネルと基盤が分割できるようになります。

基盤裏面のネジを全て外すと、スイッチアッセンブリーが分割できます。

画像を見て分かると思いますが、ネジの量が半端じゃないのでくれぐれも無くさないように注意。

あとゴムカバーも触らないほうが無難かも。

ここまで分解してやっとスイッチが外れるようになるので、スイッチの上下にある爪をプライヤーなどで摘んでスチールプレートから抜きます。

スイッチはプラスチック製なので割らないように慎重に作業しましょう。

スイッチがプレートから外れました。

組み込み

既存のスイッチの中身をMXアダプターと入れ替えていきます。

純正のアダプターは爪で引っかかっていて外れないようになっているんですが、今回購入したMXアダプターには固定するための爪が無い為スカスカです。

ただ最初からOリング(水色)が付属していたので、打鍵音が緩和されるんじゃないかと期待。

交換したのはここの三箇所だけにしました。

ここまできたら先程と逆の手順で組み直していきます。

実際に装着してみる

実はMXアダプターと一緒にStarCraft2仕様のメタルキーキャップも購入したんですよ。

こういった手製のキーキャップを販売している業者がAliExpressのマーケットに多数存在しているので、好みの物を探してみると楽しいですよ。

Realforceにはこういったサードパーティ製のユニークなキーキャップが使えないのがネックでしたが、まさかこんな形で解決するとは思ってもいませんでした。

最近までアダプターの存在すら知りませんでしたからね~

気になる打鍵音ですが、「カタカタ」から「コトコト」と低く静かな音に変化しました。

底打ちしたときも柔らかい感触になり、中々好印象です。

ただ、分解・換装の作業が思った以上に大変だったので、取り敢えずここで作業は一旦終了。

最終的には全部換装するつもりなので、こうしたいな~って構想が出来た時に又作業を進めていきたいと思います。

『CHERRY MXアダプターをリアフォに組み込む!』へのコメント

  1. 名前:ひとまず 投稿日:2019/10/13(日) 17:00:55 ID:4a2ae00d9 返信

    こういうものがあるとはためになりました。