東プレ「Realforce 91UDK-G」のキーキャップを変えてみた

長い間活躍してくれた東プレ製キーボード

「Realforce 91UDK-G」

を紹介します。

ダイヤテック㈱がFPSゲームユーザー向けに販売しているオリジナルモデルでして、ダークカラ一にテンキーレス・ALL45gというスペックに加え、ゲーミングキーボードによくある交換用WASDキーキャップも付属します。

この機種は付き合いが長い為、色々と弄りを加えながら今に至った結果、現在は画像のようになっています。

もともとはマットブラック一色でモダンな感じだったんですけどね。

キーキャップを塗装してみたり、ホワイトのかな無しが欲しかったので、英字の白キーキャップだけを別途購入してみたりでなんとか自分の納得する水準にはなりました。

「Realforce 91UG-S」が届くまではこちらがメイン機種でしたが、最近は使う機会があまり無いため弄り専用のおもちゃになってます。

という訳で、今回はそのカスタマイズした内容もふまえてレビューしたいと思います。

仕様

  • スイッチ方式  …静電容量方式
  • ストローク長  …4.0mm
  • キーキャップ材質…PBT
  • キー配列    …日本語配列 91キー(かな無・黒・昇華印刷)
  • 押下特性    …45g
  • インターフェス …USB
  • ケーブル長   …1.6m
  • 寸法      …366mm(幅)×169mm(奥行)×39mm(高)
  • 重量      …1.2kg

いつもの箱

FPSゲーマー向けに薄紫色の「WASD方向キー」、さらに「Ctrlキー」と「Caps Lockキー」も付属します。

これは裏面にあるDIPスイッチでキー配置を変えた時の為にあります。CtrlキーとCapsLockキーの配置を逆にできる便利機能が付いてるんですよね~

ダイヤテックのオリジナルモデルなので、FILCO製のワイヤーキープラー(画像上)が付属してきます。

画像下の方はRealforce 91-UGSに付属してきた物です。

外観

裏面

ツメを外すとフロントパネルが・・・

簡単に外れます。

まあ外してもあまり意味無いんですけどね~掃除するときには便利か。

土台であるスチールプレートはブラックに塗装されていました。

切断面は剥き出しなので防錆処理しないと普通に錆びます。

画像は有りませんが、2年目にして小さな錆を発見。これは塗装しないとダメっぽい。

おなじみリアフォのオーナメントがかっこ良すぎる。

技量があればもっとかっこ良く撮影できるのにな~

裏面にあるDIPスイッチを弄ると、ハード側でキースイッチの設定を変更できます。

SW1・・・左Ctrlキー⇔CapsLockキーの切り替え

SW2・・・Windowsキーの有効・無効

SW3・・・Escキー⇔E/Jキーの切り替え

SW4・・・アプリケーションキーの有効・無効

ALL45gの打鍵感は最高レベル

前回の記事でも書きましたが、ALL45gを2年間ほど使用してたんですよ。

ALL30gの素晴らしさを体験した後に何て書こうか迷いますしたが、今一度客観的になって評価してみると大満足でした。

打ち味は「コト、コトコト!」とハッキリした打鍵感、スコスコっと気持ちよくストロークする感触、指にキーが吸い付いている様な感覚は安物メンブレンは勿論、メカニカルでも体験できない領域だと思います。

ストロークは4mmと少々長めですが、底打ちしなくても入力はしっかりされる印象です。しかもチャタリングは皆無という凄さ。

45gの固すぎない、かといって柔らかすぎないこのタイプフィーリングは一体どれだけのキーボードマニアを虜にしたんでしょうか?

僕の場合は、初めてこのRealforceに手を出した当初、その変わったタイプフィーリングに違和感を感じて「やっちまったか?」と若干後悔していたんですが、長く使って体が慣れ始める頃にはすっかりリアフォの虜ですよ。

ただこれはあくまで個人的な評価に過ぎないので、店頭で触れる機会があったら是非とも試打してみることをオススメします。

やっぱりメカニカルの方が性に合うって人も居るだろうし、この価格帯になってくると好みの問題になってくるでしょうしね。

外観は完全な自己満仕様!塗装もしてみた。

キーキャップは4色持ってます。

青、赤、黄、白をふんだんに使用した贅沢仕様。石油王なみの暴挙である。

参考までに1セットがAmazonで約8,000円くらい。欲しい人は転売ヤーの餌食になる前に買って置いたほうがいいかと。

白のキーキャップは「Realforce 108U-A」の英字プリント仕様キーキャップを別途ヤフオクで購入しました。

かな無しで非常にすっきりしてて気持ちいい。

EscキーとTキーはグロスホワイトに塗装後、ステッカーを貼り、クリアを何重にも吹いて仕上げてあります。

このステッカーのデザインはと言うと、e-Sportのメジャータイトル、RTSの金字塔とも言われる【StarCraft2】(通称スタクラ)のCarbotシリーズのキャラをモチーフにしたものです。

個人的な話ですが、このシリーズは小学生のころからハマッてまして、馴染み深くて大好きなゲームなんですが、とにかく操作量が多くて忙しいのが特徴。

もちろんライトゲーマー向けにチーム戦やCoopモードも有りますが、基本的には1on1のガチのぶつかり合いがメイン。

2010年に続編が発売されて以降、ずっとこのゲームをやり続けています。

ゲーミングデバイスに拘り始めたのはもっと前で、2007年位の話。

リアフォの存在すら知らなかった当初、僕はノートPCのキーボードをそのまま使っていたんですが、とあるPCショップでゲーミングキーボードなる物を初めて見た時は衝撃的でした。

液晶画面が付いている物や、ボタンやダイヤルが一杯あったり、バックライトに照らされてぎらぎらと光るキーボードにカルチャーショックを受け、その只者ではない雰囲気に僕はすっかり圧倒されてしまいました。

その中でもPCデバイスの最先端を行っていた(と思われる)のがロジクールで、自作PCが絶頂期の時代で競争が激化していたにも関わらず、ゲーミングデバイスもしかり、周辺機器のほとんどのジャンルを占めているというモンスターっぷり。

今考えると大半のPCゲーマーがロジクールの製品買ってたんじゃないかなぁ。僕も新製品が出る度に電気店行っては触りまくってましたしね。

典型的な「形から入るオタク」だった僕は、身の回りを全部ロジクールで固めきって、デバイスだけならプロゲーマーレベルでした。

パソコンはメモリ512MBのノートで頑張っていたので、そのデバイスの性能がフルに発揮できたかどうかは言うまでもない。

で、2017年現在、当時のロジクールへの執着心はどこへやら、何故かキーボードはリアフォ、マウスはRazerを使ってます。ロジクールすまねぇ。。。

なんともオチの無いつまらん話でしたチャンチャン

因みにゲームに出てくるキャラクターを可愛くアレンジしたアニメーションがYoutubeで見れますので、興味のある方は「CarbotAnimations」で検索してみて下さい。

総評

打鍵することに特化したキーボードですので、本当に使うことに関しては全く不満がありません。

キーキャップは耐摩耗性に優れたPBT(ポリブチレンテレフタレート)という劣化しにくい樹脂を使用しており、キーボードによくあるテカリを防止するとともに、昇華印刷で印字が消えにくくなっている点もいいですね。

因みに黒モデルは印字も黒なのでほとんど見えませんからその点は注意が必要。

タッチタイピングができる人にはあまり関係ないですけどね。

ただ、ALL30gに乗り換えてからこっちをちょっとだけ使ってみましたが、ものすごくタイピングが重く感じるようになってしまいました。

ALL45gに戻ることはないかも知れません…