東プレ「Realforce 108UH-ANLG」を細かくレビュー

東プレからマニアの心を揺さぶるキーボードが数量限定で発売されました。

東プレ「Realforce 108UH-ANLG」

通常のキーボードとしての機能に加えて、アナログ入力にも対応している優れもの。

なんとこれ一台で、マウス操作、MIDIキーボード、ゲームパッドとしてマルチに使うことができる代物です。

これまた変態的なキーボードが現れましたね~

発売してから少々期間は空きますが、細かく見ていきましょう。

仕様

  • スイッチ方式  …静電容量方式
  • ストローク長  …4.0mm
  • キーキャップ材質…PBT
  • キー配列    …日本語配列 108キー(かな有・白&グレー・昇華印刷)
  • 押下特性    …45g
  • インターフェス …USB
  • ケーブル長   …1.5m
  • 寸法      …456mm(幅)×169mm(奥行)×39mm(高)
  • 重量      …1.4kg

スペックは特に変わった所はありません。

箱は何も印刷無しというシンプルさ。仕様表とバーコードのシールだけ貼ってありました。

ここまでシンプルだと少々寂しい。

付属品

・ドライバーCD

・説明書(機能速見表やら保証書など)

外観

キーの印字がかなり特殊です。

機能に応じて色分けされた刻印が側面にされており、ごちゃごちゃしていますね。

キートップの黒い点々はMIDIキーボードとして使う場合に黒鍵として機能することを表しているようです。

注目すべきは無変換キーがREALFORCEキーに変わっていること。

通常の使用ならば無変換ですが、同時押しすることによってFnキーとして機能します。

刻印がカッコよすぎて、機能云々よりも見た目に対しての評価の方が個人的にはポイント高い。

リアフォのキーボードは全部これにしてくれ。

ケーブルガイドは二股です。

チルトスタンドは少し動きが鈍く感じますが、しっかりしています。

フロントパネルを外してみました。裏面のツメ4箇所外すだけと非常に簡単に分解できます。

土台のプレートはバックパネルに乗っかってるだけで固定はされてません。

重量と強度を持たせるために土台はスチール製ですが、端面が切りっ放しの素材むき出し状態なので、保管してるだけでも錆が浮いてきそうで怖い。556の出番か。

ここは最初から塗装仕上げにしてくれないかな~

スイッチ部分のパターンが丸く切り抜かれているのが可愛らしい。

プリント基板を見ると高校の時の半田付け工作を思い出します。当時はネットで情報を集めながら見よう見真似でゴミみたいな回路を作ってたっけ。まあそれは置いといて。

上っ面にちょこんとDIPスイッチが付いてましたけど、説明書見ても何も記載されてない。

これって従来と同じようにキー配置変えたり無効に出来るってことだよね?怖くて試してないけどさ。

キーキャップを外してみた

スイッチはこんな感じ。特に目立った変化は無い。

アナログだからといって特殊なスイッチが使われているわけではないんですね。

外したキーキャップに違和感があったのでRealforce 91UG-S(左)のと見比べてみました。

そしたらいつもの場所にバリが見当たらないんですよ。

よく見たらゲートが裏に移動してました。

バリが外側にあると見た目が悪くなるからこの位置に変えたんでしょう。これはナイスな改善ですよ。

キーキャップの仕上げは歴代最高品質だと思います。

多機能プログラミングソフト「REALStation Tool」

ここが機能変更キーになってます。

KB・・・通常のキーボード

MOUSE・・・マウス操作モード

MIDI・・・MIDIキーボードモード

gameD・・・Dinput ゲームコントローラーモード

gameX・・・Xinput ゲームコントローラーモード

ドライバーCDから専用のソフト「REALStation Tool」を使って、それぞれの機能キーの設定を細かく弄ることが出来ます。

「REALStation Tool」でキーのON位置を個別に変えたり、機能キーのレイアウトを変更することが可能。

さて、最大の特徴「アナログ入力」とは何なのか?簡単に説明します。

一般的なキーボードの場合は、『0』か『1』かの信号しか送れないんですよ。

用は『OFF』か『ON』かの入力しかできません。これがデジタル入力です。

しかしRealforce 108-ANLGはアナログ入力、すなわち『0』から『255』段階の信号をシームレスに入力していて、そして信号の強弱はスイッチの押下量で判断しています。

※ただ、操作がピーキーになってしまうと言う理由で、信号の最低入力は『20』からのセッティングになっているそうです。だから実際には『235』段階ですね。

一つ例を出すなら、レーシングゲームで車を旋回させる操作をキーボードでやるとしましょう。

通常ならばキーを押すと全開までステアリングを切る操作になり、曲がるときはカーブに合わせてキーを連打して操舵角を微調整していませんでしたか?

それがアナログ入力ならば押しこんだ分だけ車を旋回させることが出来るので、専用コントローラー無しでも細かい操作が可能になるのです。

ALL45gの打鍵感

Realforce 108UH-ANLGの押下特性はALL45gのタクタイルフィーリング。

打鍵感は特にRealforce UGK-Gと変わらずしっかりとした押し心地。

30gと比べて45gの方が疲れやすいですが、気持ちタイピングミスが少ないので、ゲームする位なら丁度いい重さなのかもしれません。

軽く速めにタイピングしてみると「パチパチ」と、不快感のない気持ちのいい音が鳴り響きます。

打ち始めは重く、一定の力を掛けると一気に「スコッ」と何の抵抗も無く抜けていく感触は堪りません。

ただ、これがアナログ入力に適しているかと言われると甚だ疑問です。

なんせキーストロークに応じてアナログ入力されるシステムなのに、押し始めが重めだと微調整が困難じゃなかろうか。

指先に力を込めて間接を固定して意識して押せば何とかなりそうだけど現実的じゃないし、多分ALL30gぐらいじゃないと細かな操作は不可能だろう。

総評

多機能で唯一無二の面白いキーボードです。色物モデルですが、品質に関しても一切抜かりのない最高レベルのモノでした。

アナログ入力の操作性に関しては、まあ物理的には可能ですが、「グランツーリスモ」とか「Forza」とか「フライトシミュレーター」をやる人がこのキーボードを買うとは到底思えない。

何故かと言うと、先ほど述べた様にストロークの調整が困難だし、キーボードがゲームパッドより操作しやすいわけでもないので、ゲーマーの方なら専用コントローラーの方を買っちゃうと思うんですよね。

MIDI機能だって言わずもがな本場の鍵盤付きキーボードには到底敵わないし、「こんなこともできるんだ!へー!」ってオマケ程度の認識です。これで作曲するのは超絶技巧レベル。

じゃあどういった層に需要があるのか考えてみたら、僕のようなそういった特殊な機能に付加価値を見出せる特定のマニアしか買わないんじゃないだろうか。

東プレもそんなこと知ってて数量限定生産にしたとしか思えません。

3万円と高価格帯なのも、完全に信者向けである証拠。汚い、東プレ汚いぞ。

因みに僕は決して信者ではありません。数量限定に目が眩んだだけ。

この記事を見て欲しいと思った方は、まだ在庫が残ってる可能性があるので無くなる前に買っておきましょう。

想像以上に売れ行きが良ければ2次生産もあるかもしれないけど、随分先の話になりそうだしなぁ…

まだTUKUMOに在庫有りました!数量限定品です!