リアフォのお掃除&模様替え~part②【Realforce91UG-S】

前回からの続きです。(画像は事後)

part①では掃除をしましたが、part②では模様替えしていきます。

そのためにはスワッピングする用に白の筐体と別途キーキャップが必要となりますが、どちらも幸運な事に持ち合わせがありました。

フレームは87USWから流用することに決定。

英語配列の物ですが、予想通りならば日本語配列にも対応している筈。

分解

さて、どんどん分解していきましょう。

まずはフロントパネル。

リヤパネルも交換するので、基盤とパネルを分離する必要があります。

アース線とUSBコネクタを外していきましょう。

プラスのドライバーでアース線を外します。

USBコネクターも外します。

断線の原因になるので、コネクタ部をつまんで、慎重にやりましょう。

リヤパネルと基盤部が無事に分離できました。

USBコネクターはそのまま流用します。

同様の手順で91UG-Sも分解します。

オマケ…基盤比較。上が87USW、下が91UG-S

組み立て(問題発覚)

今度は逆の手順でキーボード部を入れ替えて組み立てていきます。

ネジもコネクターも流用バッチリでした!

あれ、でも上手く収まらない、何故?

ここで問題発覚、DIPスイッチがフレームに干渉しているじゃないか。

そう、91UG-Sは切り替え用DIPスイッチが無いため、リアパネルに元々穴が開いていないのだ。

その為、87USWに搭載されているDIPスイッチが干渉してしまい、

91UG-S → 87USW の流用可だが、

87USW → 91USW の流用は不可。

なんてことだ!

このままスワップしてしまえば、元の87USWは基盤丸出しで保管することになってしまう。折角ここまでやったのに…

穴を空ける覚悟もないので、急遽計画変更し、フロントパネルのみスワップする事に。

フロントパネル組付け。

後はキーキャップを嵌めるのみ。

完成

完成!まっしろだ~やったね。英語配列の物でしたが問題なく組み込めました。

以前のゴチャゴチャした感じも好きでしたが、このオフホワイトで統一された見た目も綺麗でいいですね~

惜しまれるのは白黒のサンドイッチになってしまった事。

配線も黒だし多少違和感あるけどまあ良しとしよう。

取り敢えずは当初の目標であった掃除と模様替えは無事?完了。

たまに弄るのも新鮮でいいですね~