”LEOPOLD FC660C”がプレミア価格になっている件について

画像は「㈱アーキサイト」より引用 http://www.archisite.co.jp/products/leopold_keyboard/fc660c/

東プレのスイッチを搭載した韓国ブランド「LEOPOLD」より発売されていた静電容量式キーボード「FC660C」がプレミア価格になっている。

静電容量式で小型のモデルは珍しかったので、人気もそれなりにあったようだが、いつの間にか生産終了してしまったようだ。

世界的にも品薄のようで、海外のショッピングサイトを見るとOut of stockが目立つ。

日本のAmazonマーケットプレイスでは既に5万円を超えるプレミア価格設定(定価は2万強)となっており、とてもじゃないが手が出ない状況となっている。

今更ですが、買っとけばよかったな~と後悔。