PCデスクの質感向上&模様替え~3M ダイノックシート施工~

去年の6月にガラスデスクからオーダーメイド品で木製のしっかりした机に新調したは良い物の、いかんせん天板も処理してあるとはいえ木まるだし素材の為、机の上がザッラザラなのである。

このままではキーボードとかノートPCのゴム足部分が紙やすりの如く擦れて無くなってしまう危険性があったので、3Mのダイノックシートを貼ることにしました。

購入したのはこれ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイノックシート木目調ファインウッドFW-1978
価格:364円(税込、送料無料) (2019/4/10時点)

テーブルと色合いが近いものをチョイスしました。

貼り付け

まずはテーブル上の物を全てどかす作業から。

このままでも十分綺麗に見えますが、念の為徹底的に油分を取り除きます。剥がれてきたら嫌ですからね。

と言いつつも、適当にアルコールを含んだウェットティッシュで拭き取った程度です。

テーブルの縦横サイズ+20㎝位余裕を持ってシートを切断し、最初は端から貼り付けていきます。

余裕を多めに取ったのは後でドライヤーで温めて引っ張るときに楽だからです。

糊部分を徐々に剥がしていき、空気を内から外へ押し出すようにスクレーパで地道に抜いていきます。

この時に焦ると気泡が入ってシワの原因となるので気を付けましょう。

テーブルの角はドライヤーで温めながら引っ張り、巻き込む様に施工していきます。

横着してモニターをウェイトとして代用してますが、マネしないでね!

裏側はこんな感じです。

あまり時間を掛ける気にはならなかったので、凸凹としてて割と雑な処理になってしまいましたが、滅多に見ない場所だし、こんなもんでいいでしょ!

ただ、あまりエッジの部分を適当に処理すると、手が当たった時に切れる事もあるので注意しましょうね。

完成

元のイメージを残したまま、少し木目が際立った色合いになり、いい感じですね。

やっぱりかなり施工しやすいですね、ダイノックシート。

空気も簡単に抜けるし、シンプルな形状であれば誰でも綺麗にできると思います。

マットな質感で手触りもサラサラしてて気持ちがいい。

ただ、もうちょい色合いは冒険しても良かったかも?

後は元通りパソコンを配置して完成。

先日の記事で模様替えしたキーボードと色合いに統一感が出てスッキリしたな~

シートの耐久性は3年以上は余裕で持つみたいなので、暫く張り替える必要も無いでしょう。

飽きたら剥がして張り替えることもできるし、気軽にできるのが良さげ。

皆さんも気分転換に挑戦してみてはどうでしょうか。